入学式の子供服は購入派?レンタル派? 写真

入学式の子供服は購入派?レンタル派?

お子さまの入学式が近づいてくると、晴れの日のための子供服が気になる親御さんも多いのではないでしょうか。人生で一度しかない小学校の入学式ですから、お子さまにも親御さんにも悔いのない1日にしたいものですね。

 

主役となるお子さまのためのお洋服は、新1年生となるお子さまを持つ親御さんの大きな悩みの1つ。

 

今回は、小学校の入学式に着るお洋服について考えてみたいと思います。新しく購入するのか、それともレンタルショップでレンタルするのか……。それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

購入した子供服の、その後の使い道は?

お子さまの人生に一度しか訪れない、小学校の入学式。新しいお洋服で臨ませたいとお考えの親御さんも多くいらっしゃいます。しかし、入学式のために購入した子供服を、その後着る機会はどれくらいあるのでしょうか。

ご家庭の事情によって違いますが、フォーマルな子供服が活躍できる機会はいくつかあります。

 

・結婚式やお葬式など冠婚葬祭

 

・七五三

 

・弟妹の入園式、卒園式

 

・仲良しのお友達の誕生日パーティー

 

・習い事の発表会、または発表会へのお呼ばれ

 

・親御さんの上司や恩師など、目上の方からの食事や自宅へのお呼ばれ

 

意外にも、フォーマルな子供服の活躍の場は多いものです。

 

しかし、小学校の入学式やお呼ばれに着ていけるような子供服を一式揃えるとなると、それなりの費用が必要になります。男の子のネクタイや女の子の髪飾り、靴など小物まで揃える場合、2~3万円程度の予算を考えておいてよいでしょう。

 

「どうしてもこの服で入学式に臨みたい!」というお子さま、親御さん双方の希望がある場合は、思い切って新しい子供服を買ってみるのもいいですね。

嬉しいお子さまの成長に、お洋服が対応できるか?

活躍の場が多いフォーマルな子供服ですが、一度購入したものをずっと使えるかというと考えどころです。小学校入学直後のお子さまの成長はめざましく、「1年後には10センチ以上身長が伸びていた!」なんてことも。せっかく購入した子供服が2~3年後には着られなくなってしまう可能性も、ゼロではありません。

 

お子さまの成長に合わせて、「そのときどきにぴったりな服を着せてあげたい!」とお考えの親御さんには、子供服のレンタルがおすすめです。レンタル店によってはクリーニングをせずに返却できる場合もあるので、子供服を保管しておく手間も省けます。

 

ですが、レンタルの場合は必ずしも希望のお洋服をいつでもレンタルできるわけではありません。人気の子供服は早めに予約されてしまっていることもありますし、ネットを通じて申し込んだ場合は試着できないことも。

 

入学式のお洋服について、デザインや色などお子さまの希望を全面的に叶えてあげたい親御さんは、やはり購入するほうがよいでしょう。

晴れの日を飾る子供服だからこそ、さまざまな選択肢を視野に入れて

子供服を購入する場合もレンタルする場合も、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

新しいランドセルを背負って、未知の世界へ飛び込んでいくお子さまのための子供服ですから、ご家庭の事情や家計に無理のないよう、さまざまな選択肢を視野に入れて計画したいですね。

 

小学校の入学式だから新しいものを買ってあげたいけれど、あまり費用はかけられない……。とお悩みの親御さんには、中古品の購入がおすすめです。新品で購入する場合よりも費用がかからず、一度袖を通しただけの新品に近いものも探すことができます。

 

小学校入学を迎えるお子さまにもっとも多いサイズである120センチの子供服は、ネットショップやリサイクルショップでもよく見られます。裾直しやほつれ直しなど、洋裁の心得がある親御さんにはぴったりといえるでしょう。

小学校の入学式は、人生の節目となる一大イベント。ビデオや写真をたくさん撮影することもあるでしょうから、お子さまが「これ!」と思うお洋服を着せてあげたいですね。

お子さまのご希望やご家庭の都合などを鑑みて、レンタルや購入を賢く使い分けましょう。

 

▼堀江鞄の男の子・女の子のランドセル▼

牛革製の男の子と女の子のランドセル

 

▼女の子に人気のランドセル▼

女の子のランドセル

 

▼男の子に人気のランドセル▼

男の子のランドセル

 

▶▶カテゴリトップに戻る

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

こんな記事もいかがですか? みんなに話題の記事!