【失敗談から導く】女の子が後悔しないランドセル選び

男の子に比べると成長が早い女の子は好き嫌いなど自我の主張も強くランドセルを自分で選びたいというお子様も少なくないのではないでしょうか?親心としてもお子様が気に入ったものを買ってあげたいと思うものですが、6年間使うとなると『好みだけで選んでしまってもいいのだろうか』と迷いが出てしまうでしょう。

そこで、後悔しないためにも実際にそのランドセルを選んだ方の失敗談や購入してみて気付いた点等をご紹介いたします。

ランドセル選びで失敗したこと

pixta_43121279_M

【購入時期で失敗してしまいました。】

定価で購入したものの、売れ残っているために“値下げされていた”なんてことも。

反対に値下げを待っていたために“売り切れてしまった”と購入時期による失敗が二通りあります。この後悔を防ぐためには、日々の在庫確認がポイントになってきます。

 

【低コストを重視したために失敗してしまいました】

小学生になるにあたり文房具やお洋服と出費がかさむため、少しでも予算を抑えたいと思いがちです。

何にでも理由があるように低価格のランドセルにも理由があり、ランドセルの素材や手間など価格に見合った作りになっているため破れや故障などトラブルが起きやすいことがあります。失敗を防ぐためには価格ではなく素材や縫製にも重点をおきましょう。

 

【娘の好きな色や柄を選んで失敗してしまいました。】

女の子はピンク色や水色などの可愛い色や、キラキラの装飾やキャラクターのランドルを選ぶことが多く、パステル調のランドセルを購入した方も多くいらっしゃいます。幼い頃は可愛い色に目がいってしまう傾向にありますが、学年とともに好みが変わり後悔していると言う声も。

ですが、反対にご両親が汚れや飽きを考えてシンプルなランドセルを選んだ結果『パステル調のランドセルが多い中で1人だけ地味で可哀相だった』という意見もあります。ランドセルの色選びは本当に悩んでしまうものです。ランドセルはお子様が6年間使用するものなので、やはりお子様のご要望を一番に取り入れつつ『飽きた時はどうする?』などのご両親の意見も取り入れながら、それでも欲しいと言う場合には好きな色を選んであげることがいいのかもしれません。

お子様がご自身で選んだランドセルは愛着も沸き、飽きた時も「自分でえらんだのだから」と責任がもてるのではないでしょうか?汚れやすい色を選んだ場合は、透明のランドセルカバーで予防するなど汚れ対策をしておきましょう。

 

【軽さにこだわりすぎて失敗してしましました。】

最近では軽量化が重視され、軽いランドセルを売りにしたランドセルが多く出ています。男の子に比べると女の子は体が小さく骨組みが華奢なことも多く、重たいランドセルを持たせるのは可哀相だと感じてしまうものです。

そこで軽いランドセルということだけに重点をおいてしまい通常よりも小さいサイズだったことに気が付かづ『荷物が入らないために別のカバンを持たせることになった』なんて方もいらっしゃいます。

また、牛革より軽い素材を選んだために『中学年で壊れてしまった』なんてことも。軽さだけを考えて選ぶのではなく、丈夫な素材かどうかも併せて確認するようにしましょう。

 

【サイズ選びで失敗してしまいました。】

軽さにこだわりすぎてしまった場合と同じく、小さな女の子の体にはランドセルが大きく感じてしまい、お子様の体型に応じたサイズを選んでしまうことで失敗してしまうなんてことも。

例えば『A4サイズのファイルが入らない』『マチが無いためにカバーが閉まらない』など。低学年の頃には大きかったランドセルも、進級するともに体型も変わり無理のない丁度いい大きさになってきます。お子様の成長を視野に入れて選ぶようにしましょう。

 

【素材選びで失敗】

重さや金額面につながってくる話しなのですが、低価格で抑えたいあまりに『値段相応の素材のためにすぐに破れてしまった』『汚れが取れない』など見た目に影響が出てきます。

耐久性に優れた牛革ですが、重さが気になり敬遠しがちですが最近の牛革は改良されていることもあり昔よりも軽いものが増えています。

牛革=重いと決めつけてしまわずに色んな素材のランドセルお背負ってみることをオススメします。

後悔しない女の子ランドセル選びのポイントとは?

pixta_42041549_M

 

色や柄や重さにサイズと様々な視点から、実際に購入して後悔している内容についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?ランドセルを大切に扱ってもらうためにも、お子様自身が気に入ったものを選ぶことがポイントではないかと感じます。

その中で、お子様にはまだ理解できない『汚れ』や『耐久性』について大人の意見を取り入れながら最適なランドセルへと誘導してみてはいかがでしょうか?高学年になった時に味が出てくる牛革にした場合、低学年の時にはお子様の好きなキャラクターカバーを付けてあげるのもいいですね。

親子ともに気に入ったランドセルが見つかるといいですね。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

こんな記事もいかがですか? みんなに話題の記事!