ナゼ?ラン活(=ランドセル活動)が流行っている…

近年、ランドセル市場が過熱していることをご存知でしょうか。SNSではランドセル活動を意味する「ラン活」という言葉が生まれるほど、ランドセルの争奪戦が起こっています。今回は、そんなラン活について詳しくご紹介します。

ラン活とは?

「ラン活」とは、来春新1年生になるお子さまのランドセルをご両親が手に入れるための活動のこと。例えばショールームに行ったり、人気ランドセルの予約をしたり。

このラン活ブームの影響で、人気ランドセルブランドの予約受付電話がパンクしたり、ウェブページにアクセスが殺到してホームページのサーバーがダウンしたり、ショールームに入るための長蛇の列ができるといった現象が起きています。製造に個数制限があるような高級ランドセルや工房の手作りランドセルなど、人気のものはすぐに売り切れてしまうので、多くのご両親が熱心にラン活をしています。

なぜラン活が流行っているの?

ラン活が過熱する理由のひとつに、「インターネットの普及」があります。インターネットのおかげで、地方のランドセル工房の情報まで把握できるようになったことで、ランドセルの選択肢が増えました。これが「より良いランドセルを子供にもたせてあげたい」という親心に火を付けたのではないかという予測があります。

また、少子化が進んで一人っ子や兄弟が少ない家庭が増えたことも理由のひとつ。一人あたりにかけるランドセルの金額が上がり、ランドセルにこだわる親御さんが増えたことがラン活に拍車をかけているようです。

いつラン活を始めるべき?

では、ラン活に乗り遅れないためには、いつ頃から動き出せばいいのでしょうか。

その答えは「人それぞれ」。ラン活を始める目安の時期は、ランドセルへのこだわりによって異なります。例えば、百貨店やショッピングセンターのランドセル販売のピークは今も昔も変わらず、冬休み時期の12月~1月頃。「ランドセルに特に強いこだわりはない」「高級ものや工房系のものでなくてもいい」という方は、冬休みに入ってからラン活を始めても遅くありません。しかし、人気の高い高級ランドセルや工房での手作りランドセルは、5月~7月に新作発表・予約受付が開始され、人気商品であれば夏前に完売してしまいます。人気の高いランドセルを購入しようと考えるなら、年度が切り替わった4月からランドセルの情報収集を始め、お目当てのブランドの新作モデルが出揃った段階でどれを購入するか決めておく必要があるでしょう。

これが一番重要なラン活!「店頭・展示会見学」

ラン活のひとつに、店頭や展示会の見学があります。ネット通販も便利ですが、やはり実際にお子さまが背負ってみて確かめることは、納得いくランドセルを購入するためにかかせません。そこで、ランドセルの見学に行く前にしておくべきことをご紹介します。

 

・事前に情報収集しておく

ランドセル見学に行く前に、気になるブランドのカタログや素材見本を請求しましょう。各ブランドによって異なるランドセルの特色を確認して、見学したい2~3ブランドを決めておきます。

 

・候補の素材とカラーを決めておく

ひとつのブランドの中にも、素材やカラーはさまざまです。こちらも見学前に候補を決めておきましょう。カラーは、お子さまの希望も聞いておくといいでしょう。「キャラクターものは飽きるかもよ」「薄いカラーは汚れるから避けたいね」など、先を見据えた親御さんのアドバイスもこの段階で伝えておきましょう。

 

・予算を決めておく

店舗・展示会に行く前に、ある程度の予算は決めておきましょう。

 

・販売スケジュールを確認しておく

お目当てのブランドが見つかったら、販売スケジュールを把握しておきましょう。展示会と並行して受注を開始しているランドセルブランドは、早い段階で売り切れる可能性があります。

 

親御さんもお子さまも、みんなが納得のいくランドセルを手に入れるためにラン活は欠かせません。
ラン活時期やラン活方法を事前に確認しておきましょう。豊富な種類の中から選びたい方は、夏までにラン活を済ませておくと安心です。

 

 

 

▶▶堀江鞄のランドセルへのこだわりをサイトで見る

 

▶▶カテゴリトップに戻る

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

こんな記事もいかがですか? みんなに話題の記事!