気になる、海外の子どものランドセル事情

日本の小学生の通学カバンは、全国共通でランドセルスタイルが常識ですが、世界の小学生はどうでしょうか。今回は、世界各地の通学カバンをご紹介します。

背負いカバンを使用している国

日本のランドセルやリュックサックのような、肩から背負って使うタイプの通学カバンを使用している国をご紹介します。国による細やかな違いをみていきましょう。

 

・韓国

昔は、都市部で約8割の学生が日本のランドセルとよく似た形の黒色革製カバンを使っていました。しかし最近は、リュックサックを使用している学生がほとんど。リュックサックの色や形は自由です。

 

・イギリス

イギリスでは、「サッシェル」と呼ばれる四角いリュックサック形の通学カバンを使用しています。素材は皮革、ビニール、プラスチックなどさまざま。

手さげカバンを使用している国

日本の高校生が使用しているような、手さげスタイルの通学カバンを使用している国をご紹介します。

 

・インド

キャンパス地のアッシュケースを少し小型にしたサイズの手さげカバン。色や種類が豊富なのが特徴で、学校から支給されるケースが多いようです。

 

・ロシア

日本の通学カバンよりはやや大きめの、薄い手さげカバンを使用しています。素材は皮革やビニールで、色は黒と茶色がほとんどです。

 

・アルゼンチン

日本の通学カバンより小さめの上蓋式、1本手の手さげカバンが主流です。

背負い兼手さげカバンを使用している国

日本の手さげカバンに背負いのひもがついた、手で持つことも背負うこともできる通学カバンを使用している国をご紹介します。

 

・フランス

日本の手さげカバンより少し小さめの「カンターブル」と呼ばれるカバンが一般的です。素材は革で、色は黒または茶色。日本と同様、全国共通の通学カバンが定着している国のひとつです。

 

・ドイツ

日本のカバンよりやや大きい横長サイズの「ランシェン」と呼ばれるカバンを使用しています。素材は天然皮革(牛革)、合成皮革、ビニールなどさまざまで、色は赤、青、黄、茶色などカラフルです。

 

・イタリア

横長の合成皮革のカバンが多い傾向にあります。色は比較的地味でシンプルです。

ショルダーカバンを使用している国

日本ではあまり見かけなくなった肩掛け式の通学カバンを使用している国をご紹介します。

 

・中国

日本の通学カバンよりやや小さめの、「ツーパオ(青包)」と呼ばれるカバンが一般的です。素材は布や皮革が多く、色は地方によってさまざまです。北方では、緑色が好まれているようです。

 

・シンガポール

シンガポールで使用されている通学カバンも中国と同様、「ツーパオ」と呼びますが、形は異なります。どちらかというとシンガポールのツーパオの方がランドセルに近く、肩に下げて登校します。素材は布や合成皮革がほとんどで、色はベージュ、白、茶色が一般的です。

通学カバンに決まりがない国

教科書は学校から貸与され、持ち帰る必要がないため通学カバンが不要な国や、教科書は持参するけれど指定の通学カバンがない国など、通学カバンに決まりがない国をご紹介します。

 

・アメリカ

アメリカは基本、教科書は学校が貸与するシステムであるため、ほとんどの学生が手ぶらで登校します。カバンを持ち歩く生徒は、日本のリュックサックよりやや小さめのデイパックを使用します。

 

・カナダ

カナダも、アメリカと同様に手ぶら登校です。

 

・オーストラリア

「スクールバック」と呼ばれる通学カバンがありますが、形態は背負い式から手さげ式までさまざまで、学校や地域に応じて異なります。素材は皮革やビニールでできており、色合いもさまざま。

 

・デンマーク

各自が思い思いのカバンで登校しており、決まった通学カバンはありません。ただし、背負い式を使っている学生はほとんどいません。

 

・インドネシア

決まった通学カバンはありません。

 

・メキシコ

教科書をはだかのまま手に抱えて通学するのが、一般的なスタイルです。

 

国が違えば、通学カバンのタイプもさまざま。日本のように全国共通の通学カバンがある国は比較的珍しいようです。

日本のランドセルは、外国人に人気がある!?

独特な形、豊富なデザイン、多彩なカラー。そんな日本のランドセルは外国人の観光客から人気を集めており、日本の旅行土産にも選ばれるほどです。普通のカバンは2、3年で使用できなくなるものの、ランドセルは6年間使い続けられるよう丈夫に作られているのも、人気の理由のひとつです。

これは、国内で経験を積んだランドセルの職人が、こだわりを持って丁寧につくりあげている証。

 

堀江鞄のランドセルも、ひとつひとつ手作業で作り上げた自慢のランドセルです。丈夫でなめらかな素材、型崩れしにくい構造にこだわっています。また、ファスナーの引手をプチカスタマイズできたり、名前入りプレートを取り付けられたりと、細やかなおしゃれも楽しんでいただけるはずです。工房にて手作りしているので、クラス内でもオリジナリティを出すことができます。

 

▼女の子に人気のランドセル▼

女の子のランドセル

▼男の子に人気のランドセル▼

男の子のランドセル

 

▶▶カテゴリトップに戻る

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

こんな記事もいかがですか? みんなに話題の記事!