入学祝いをもらったら。お返しはどうすればいい?

小学校への入学を控えたお子さまがいるご家庭では、さまざまな方から入学祝いをいただいているかもしれません。

たとえば、お祖父さまやお祖母さまからランドセルや学習机を買っていただいたり、親戚や友人から衣類や図書カード、文房具などをいただいたり。こういったプレゼントはとてもありがたいものですが、悩ましいのが、そのお返し。「そもそもお返しは必要?」「お返しをするなら何が最適?」などの悩みに直面するご家庭もあるかもしれません。そこで今回は、入学祝いのお返しマナーについてご紹介します。

お祖父さまやお祖母さまには、孫の晴れ姿を見せるのが何よりのお返しに

お祖父さまやお祖母さまからランドセルや学習机などをいただいた場合、お返しは非常に悩むところです。高額な品である分、何をお返ししたら良いのか頭を抱えてしまうかもしれません。

こういった場合、実は基本的にはお返しの「品物」を贈る必要はありません。なぜならお祖父さまやお祖母さまにとって、何よりうれしいのは可愛い孫の晴れ姿を見ることだからです。お子さまがランドセルを背負った写真や学習机に向かっている写真に、お子さま直筆のお礼状を添えて渡すのがベストといえます。もしくは、会食の場を設けたり、一緒に旅行やレジャーにいく機会を用意したりするのもおすすめです。

「内祝い」を贈る場合は、3割~5割程度の金額を意識

地域によっては、入学祝いのお返しのことを「内祝い」と呼ぶことがあります。

お返しの印象の強い内祝いですが、内祝いの本来の意味は「喜びを分かち合うための贈り物」です。こういった内祝いを贈る場合には、いただいたものの3割~5割程度の金額の品を贈りましょう。無難な品は、お菓子や飲料のセットや洗剤などの日用品。また、好きなものを選んでもらえるギフトカタログも人気です。お住まいの地域の事情がわからない方は、ご近所の先輩ママさんやご家族に聞いてみましょう。

お礼はすぐに、内祝いを贈るなら入学後一ヶ月以内に

入学祝いをいただいたら、お礼はできるだけすぐに伝えることが大事です。

また、内祝いを贈る場合には、入学後一ヶ月以内に。早めに入学祝いをいただくこともあるかもしれませんが、内祝いは入学してから贈るのが一般的です。お子さまが直接お礼を言えるよう、相手のお宅にお子さまと一緒に訪問するのがベストです。お相手が遠方にいたり、訪問ができなかったりする場合は、入学式の写真やお子さま直筆のお礼状を送りましょう。

 

いかがでしたか。今回ご紹介した入学祝いのお返しマナー。ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

▼堀江鞄の男の子・女の子のランドセル▼

牛革製の男の子と女の子のランドセル

 

▼女の子に人気のランドセル▼

女の子のランドセル

 

▼男の子に人気のランドセル▼

男の子のランドセル

 

▶▶カテゴリトップに戻る

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

こんな記事もいかがですか? みんなに話題の記事!