1年生のお母さん必見!小学校入学に必要な モノと費用相場 写真

小学校入学に必要な モノと費用相場

お子さまの小学校入学は、おめでたいイベントであると同時に、何かと物入りにもなります。そのぶん費用もかかって、いつもより多くお金が出ていって家計がピンチになることも。

 

今回は、ランドセルと学習机だけではない、入学準備に必要なモノと価格の相場をご紹介します。

衣服編

1年生のお母さん必見!小学校入学に必要な モノと費用相場 写真

・体操着、体育帽:学校指定のものを購入。体操着は平均価格3,500円程度、体育帽は平均価格450円程度です。

 

・体育館シューズ、上履き:指定がある場合は、入学式の後に購入する機会があります。いずれも平均価格は2,000円程度です。

 

・通学帽:学校によっては必用ない場合もあります。平均価格は1,500円程度。

 

・名札:学校から配布されることが多く、購入する場合は学校から直接、または指定の文房具店での購入になります。平均価格は60円程度です。

文房具、教材編

・筆箱やえんぴつ、のりやはさみ、色鉛筆など文房具類:一式揃えると、平均6,000円程度になります。安価なものは壊れやすいので、お子さまの手にあったものを見つけましょう。

 

・ノート、連絡帳:最初の一冊のみ学校から配布されることがあります。しかし、年間を通してかなりの数を使うことになるので、ある程度数を揃えておくと慌てずに済みます。

 

・お道具箱:文房具一式を入れておく箱です。6年間使うことが多いので、丈夫なものを購入しましょう。平均価格は1,000円程度です。

 

・算数セット:入学式前後に購入することがほとんどで、平均価格は2,500円程度です。

 

・油粘土:工作板とセットで購入することもあります。平均価格は、ケース入り粘土と工作板のセットで2,000円程度。

給食、行事グッズ編

・お箸、ランチクロス:給食を食べるときに必ず必要になります。楽しく給食を食べるためにも、お子さまが使いやすいものを持たせてあげましょう。

 

・歯ブラシセット:給食後、歯磨きをする小学校では持参する必要があります。割れにくいプラスチック製のコップがついているものがおすすめです。

 

・プールタオル、プールバッグ:水着や水泳帽を入れるプールバッグや、身体を拭くためのプールタオルが必要です。プールバッグの平均価格は2,000円程度、プールタオルの平均価格は1,500円程度。

 

・お弁当箱、水筒:遠足や社会科見学など課外授業のときに必要です。購入すると合わせて2,500円程度ですが、幼稚園で使っていたものを使ってもいいでしょう。

 

ランドセルや学習机も含めると、小学校に入学する前に必要な費用はおよそ150,000円程度。私立小学校になると、制服代や諸費を合わせて200,000~300,000円程度必要です。
ちなみに、ランドセルの平均価格は38,000円程度、学習机の平均価格は80,000円程度とされています。

 

ランドセルには入らないお道具箱を入れるレッスンバッグや、お箸やランチクロスを入れる給食袋といったものは、親御さんが手作りしてあげてもいいですね。世界で1つだけのオリジナルグッズを作ってあげれば、お子さまの愛着もひとしおでしょう。
手作りのグッズは、通学路でお子さまをいち早く見つける目印にもなります。ランドセルだけでなく、レッスンバッグや給食袋にも工夫してみましょう。準備したものには、お名前シールで名前を書くのを忘れずに。

就学援助をご存知でしょうか

1年生のお母さん必見!小学校入学に必要な モノと費用相場 写真

新しい学校に入学するときは、何かと費用がかかってしまうもの。それはどんな家庭でも同じですが、入学準備の費用が家計を大きく圧迫してしまう場合もあります。そういった場合は、文部科学省や各自治体が行っている就学援助を受けることができるのです。

世帯人数やお子さまの数と収入を比較し、給付条件に合えば給付を受けることができます。

 

就学援助という言葉や自治体から給付されることから、家計が逼迫した家庭以外は給付を受けることができないというイメージをお持ちの方と多いと思います。しかし、必ずしもそうではありません。

東京都多摩市の就学援助では、父と母、子1人の世帯で持ち家がある場合は、就学援助を受けられる総収入金額の基準を313万円としています。自治体によって給付金額や条件が変わりますので、まずはお住まいの自治体にお問い合わせください。

ランドセルや学習机など、小学校入学には大きな買い物も伴います。将来のことを見据えて、就学援助を視野に入れた家計運用も考えてみましょう。

 

https://www.city.tama.lg.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/002/102/Shinsahouhounituite27.pdf(参考:多摩市ホームページより)

ぴかぴかのランドセルを背負ったお子さまの姿を見るのが今から楽しみ、という親御さんはたくさんいらっしゃるでしょう。どんなに費用がかかっても、お子さまの成長は無条件に嬉しいものです。

お子さまが気持よく小学校生活をスタートすることができるよう、ランドセル以外の準備もきちんとしてあげましょう。

 

 

▼堀江鞄の男の子・女の子のランドセル▼

牛革製の男の子と女の子のランドセル

 

▼女の子に人気のランドセル▼

女の子のランドセル

 

▼男の子に人気のランドセル▼

男の子のランドセル

 

▶▶カテゴリトップに戻る

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

«

こんな記事もいかがですか? みんなに話題の記事!